]> Chrome for Windowsの64bit版を探して | FullAstern!

Notes

メモ書き

Chrome for Windowsの64bit版を探して

先に言っておきますと、64bit版のChrome for Windowsはありません。 フォーラム にもある通り、32bit版をWOW64で走らせれば問題なく動くので 必要以上にリリースを増やさない方針のようです。

が、そうされると困ることがあるのも事実で、例えばFlashやJava等のプラグインは 全て32bit版のものを導入する必要があります。 今回僕がタイトルにある通りの事をやろうとしたのは 「Chromeのためだけに32bit版のJRE(Java)を別途インストールしたくない」 という理由ゆえです。

Chromiumを導入

Chromeの派生元となる、親戚のようなブラウザがChromiumです。 Chromiumは独自のビルドを作ることができるので、有志が64bit版 Windowsバイナリを作成・配布しています。

chrome64bit.comから最新のChromium-64bitをダウンロードしてインストール。 それまで使っていたChromeがある場合は、まだ消さないでおきましょう。

Chromeから設定を引き継ぎ

Chromiumは基本的な仕様はChromeと全く同じなので、Googleアカウント・拡張機能・個人設定などを そっくりそのまま移し替えられます。

ChromiumとChromeが両方とも終了していることを確認して、 まずは C:\Users\username\AppData\Local\Chromium にある設定ファイルUser Dataを削除。

次に C:\Users\username\AppData\Local\Google\Chrome 配下にあるUser Dataディレクトリを先程の C:\Users\username\AppData\Local\Chromium にコピー。

終わったらChromiumを起動して個人設定や拡張機能が引き継がれているか確認しましょう。 問題なければChromeをアンインストールして完了です。

補足

ChromiumにはGoogleがChromeに対して独自に拡張している機能がありません。 代表的なものはFlashプラグインとPDFビューアです。 Flash PlayerとAdobe Reader等を別途インストールしておきましょう。

20140331-chrome-win64-001.png

また、僕がChromium 35.0.1916.0 (260135)を導入した時は 右のように文字が所々表示されなくなるバグが現れました。 これはchrome://flags/を開き、 DirectWrite を有効にするをOffにすると改善しました。

© FullAstern!